今日中に借りたいならプロミス!

お金をどうしても借りたいときの方法

>>【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断を試してみる!

プロミスは大手消費者金融として知られていますが、プロミスでお金をすでに借りている場合においても追加でどうしてもお金を必要とする場合もあると想定されます。 しかし同じ消費者金融ではお金を借りるのはなかなか難しく中にはブラックリストなどに記載されている場合においては審査の際に断られてしまうこともあります。  

どうしても借りたいというときに断られて困ってしまった場合においても、お金を借りられるところについては実はあります。闇金融ではありませんので、安心して借りることはできます。 ただもしもブラックリストに載っている人でも審査が甘く比較的手軽に借りられる金融業者の特徴としては、大手消費者金融のように広告を出して広く宣伝しているところはなく知名度的に知られていないところが大多数となっています。ですので、コールセンターなどについては規模の関係上設置されていない点を留意しておく必要があります。

どうしてもお金を借りたいときにおいては、まずは大手の消費者金融のローンを探すか銀行系のローンを利用するなどをしたほうが確実です。それから中堅の消費者金融を探しておくようにすると良いでしょう。

リスト 無人契約機に行かなくても大丈夫!
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
プロミス急ぎ借り入れ
プロミス公式ページ

キャッシングの契約を自動契約機で

キャッシングの契約を行う方法としては、自動契約機を利用する方法や、インターネット上で書類をアップロードして提出したり、郵送で書類を送ったりする方法があります。それぞれにメリットやデメリットがあるため、自分に合った方法を選ぶのがベストです。

キャッシングの契約を自動契約機で行うメリットは、契約までのスピードです。申込をしてから審査に問題がなければ、基本的にその日に契約完了し、その日から利用を開始できるのがよい点です。どうしても早くお金が必要な事情があるという場合にはおすすめの方法です。

また、契約書類やカードの自宅郵送なしで利用できるのもメリットです。キャッシング会社からの郵送物は、見るからにローン業者という封筒で送ってくることはまずありませんが、それでも自宅に届くと家族に知られないか心配になってしまいます。家族に知られずに利用したいという気持ちがあるのならば、自動契約機の方が安心して契約できます。

自動契約機のデメリットとしては、自宅の近くに契約機がない場合は場所を地図などで調べて遠くまで行かなければならないという点です。逆に、自宅や職場の近くに自動契約機がある場合は、ローンの契約をしていることを知り合いに見られてしまう可能性がありますので、入りづらいという難点もあります。

必要書類提出はスマートフォンのアプリですると便利

キャッシングの申し込みは店舗や無人契約機でも出来ますが、現在はインターネットで申し込む方法が主流になっています。そのためスマートフォンを利用する事も出来るのでどこにいても申し込む事が出来てしまいます。申し込みに関してはすごく便利になりました。

インターネットの申し込みの手続きで審査の結果が出た後に必要書類の提出があります。この必要書類の提出が以前はすごく面倒でした。店舗で申し込む時は身分証明書を提示すればよかったのですが、インターネットで申し込む場合は画像などを送付する必要がありましたので面倒な作業ではありました。カメラで撮影して画像を送付す方法だと画像のサイズや保存方法でかなり手間がかかってしまいます。

インターネットはパソコンを利用すると手間がかかる時もありますが、最近はスマートフォンを利用する事も出来るのでそちらの方がおすすめです。現在はスマートフォンを持っている人がほとんどで各キャッシング業者ともスマートフォンの専用アプリを提供しています。このアプリには必要書類提出のためのアップロード機能が付いているので撮影するだけでそのまま送信して提出出来てしまいます。この方法だと戸惑う事はほとんどないのですごく便利です。

利息は利息制限法で上限が決められている

貸金業者のキャッシング 利息は利息制限法により上限が決まっています。 利息制限法では借入金額が10万円未満で年20%、借入金額10万円以上100万円未満で年18%、借入金額100万円以上で年15%までとなっています。 どれだけ高くても年20%までなので、グレーゾーン金利で貸付されていた以前のような高金利ではなくなりました。

中堅の貸金業者では最大年20%ですが大手貸金業者では最大年18%ほどに設定されています。 キャッシング 利息は日割計算ですのでご利用日数が少ないほど支払する利息が少なくなります。 逆にご利用日数が増えるほど多くなりますのでなるべく早期に完済したいところです。 キャッシングの返済方式は残高スライドリボルビング返済方式と言うものが導入されていることが多いです。

この返済方式では借入残高によって毎月の約定返済額が変わる仕組みになっており追加借入しやすいのが特徴です。 毎月最少の返済額で良いのですがご利用日数が増えやすいです。 毎月の約定返済に加えて追加返済を行うとご利用日数を減らすことが可能です。 貸金業者にもよりますが追加返済はインターネット、全国の金融機関の提携ATM、コンビニ提携ATMなどで行えます。 提携ATMの利用手数料がかかる貸金業者もありますので事前に確認しておいて下さい。

↑ PAGE TOP